2010年

9月

06日

まだまだ続く猛暑に血湧き肉踊る蠍団を....。

まだまだまだまだ暑い日々ですにゃぁ。
にゃぁにゃぁ。

っちゅ〜事で猛暑のHard Rock!!
今日はドイツのHard Rock Band、Scorpionsだっ!!

私が初めてScorpionsを聴いたのは中学生くらいに
NHK-FMの『渋谷陽一のヤング・ジョッキー』っちゅ〜番組。


.....しかしすんげぇ番組タイトルだがや。時代を感じますな。


え〜と、Scorpionsですが、その番組で

『Speedy's Coming』っちゅ〜曲が流れまして、
おぉ、きゃっこいいバンドだ〜と思ったんですぅな。

んでちょうどその頃、『Virgin Killer』っちゅ〜アルバムが発売されて
(ジャケット写真が問題になって、各国で差し替えられちゃうんですな)
そのタイトル曲を、何故か、笑福亭鶴光のオールナイトニッポンで聴きまして
ひょぇぇぇ〜、カッコいい!!

 

んでその頃、来日しましたんでその時のライブが二枚組で発売になりまして。

これが、まぁ、非常にカッコいいんですや。


『He's a Woman, She's a man』っちゅ〜なんとも変なタイトルの曲が、
めっちゃ血湧き肉踊るぅ〜っ!!
ちなみにこの曲は発表当時に、
『暴虐のハードロッカー』っちゅ〜邦題がつけられていました。うっけっけ。


まだまだ続く猛暑に、

クラウス・マイネの暑苦しいヴォーカルと
ウルリッヒ・ロートの暑苦しいギターを堪能しませうとしませうっか??