2012年

9月

16日

昨晩(15日)は野方でSnowflake ObsidianのLive....。

昨晩(15日)は、

いつものお馴染み、野方の星の隠れ家

Snowflake ObsidianのLiveでしたぁ〜。

 

連休初日にもかかわらず

ご来場頂き、盛り上げて頂き、

ありがと〜ございましたぁ。

感謝、感謝です。

 

新しいレパートリーも披露させて頂き、

次回も楽しみにしていて下さいねぇ。

 

さて、私は新兵器を投入。

星の隠れ家はギター・アンプ無しで直接PAにラインインなので

以前からマルチ・エフェクターを使ってましたが

度々、書いておりますように

四十肩からライブ機材を軽くしたいと思いまして

ZOOMの新製品、マルチ・ストンプという新カテゴリーの、

MS-50Gです。

 

コンパクト・エフェクター1個分の大きさで

最大6個のエフェクトを同時使用可能という

超小型の便利モノです。

 

自宅で試していて、

ノイズの有無を確認し、

充分使用可能であると判断してましたが。

いざ本番ではどうか、ちと心配でした。

 

が、いやはや、従来このくらいのエフェクターですと

プラグインしただけでサァーッとか

シュワーとか

ノイズが乗っちゃうもんだという認識でしたが、

こいつは凄いですよ、ノイズがほとんど聴き取れません。

 

私がエフェクターを選ぶときは

ノイズを一番に判断基準にしますから、

これは嬉しい、嬉しい。

 

目的通り、機材の軽量化に成功。

バッグが1個減りましたから。

 

 

 

 

 

 

の写真は

ZOOM MS-50G

足元をすっきりさせたいという目的で導入されている

SAMSON(今、スマホ関係で

Appleと争っている韓国の会社ではありません。別会社です。)の

ワイヤレス・システム、AirLineです。