2014年

10月

12日

The Last Omertaの解説をラック眼力さんが....。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「The Last Omerta」の作曲や監修などを担当したラック眼力と申します。

さて、折角ですのでCD収録曲の紹介をさせていただきます。


kari_jaket.png

 

 

Tr1.A drunkard 2 ~Prologue~

原作ゲーム「ROSE GUNS DAYS (ローガン)」で流れていたアコギ曲のピアノアレンジです。

待ち合わせの時間はとっくに過ぎてる。「そういえば今日はでかいヤマがあるとか言っていたっけ」
…まあ彼らのこと。心配ないだろう。
……ここは荒くれ者の溜り場。酔いどれピアニストの演奏なんて誰も聴いちゃいない。



Tr2.愛はオメルタ -Ver. Snowflake Obsidian-

原作OP「愛はオメルタ」のスノフレさんによるアレンジVerです。
歌詞はあえてそのままに。曲調をガラッと変更していただきました。
同じ言葉、同じメロディーでも、アレンジや歌いまわしが変わると
原曲とは別の想いが見えてくるのではないでしょうか?

..........もう一度だけ抱いて。私は戻れないから…


Tr3.ナラズモノタチノイコイ

自分の作ったローガン曲の中で、スノフレさんに一番合うのはどれだろう?
と考えた結果、この曲に行き着きました。
オンボロBARにて、一人のならずものの溜息。

チンケな店のクセに、よく見りゃ一丁前に高級酒まで取り揃えてやがる。
どうあれ、こんな収入じゃ安酒飲むのが関の山…
「このどうしようもない世の中に乾杯!」
……大声で音頭を取ってみたものの、応じる者など一人もいない。掲げたグラスは汚ねえ汚ねえ。
ああ、それでこそ最高。



Tr4.The Last Omerta

歌詞もアレンジも、Season4、最終バトルのイメージに仕上がっていると思います。
かつて犠牲になった仲間たちの心も、戦場で蘇る。
その勇姿を「音」から感じ取っていただければ幸いです。
ゲストボーカルに、本木咲黒さん、木野寧さんが参加!

全てを撃ち抜け!


Tr5.モウジャノノミモノ~Epilogue~

原作で使われていた「オトナノノミモノ」のギター&エレピアレンジです。
ちなみにこのエレピ音色は、「ローズ」という楽器をモデリングしています。


「やあ、お帰り。やっと来たね。今回の仕事はどうだった?」
最後の戦いは終わり、帰還した戦士たちとあなたは再会します。

……さあ、まずは誰と乾杯しようか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー