2015年

4月

28日

思い出した、思い出した....。

土屋浩美チャンのユニットで一緒に演奏してる、ベーシストの千田大介クン。

なんか映画にチョロッと出るみたいで、撮影があったみたい。(=^x^=)

本人曰く、当てぶりだって言ってたから、演奏の場面なのかな?

見てみた〜い。

そんな事をFacebookでやり取りしてたら、思い出した、思い出した。
ある事を......。

.....,最初に、......,数十年前に、今、土屋浩美チャンのユニットで一緒の、武村国蔵クンに一緒にやりませんかと声を掛けられて、んで、良いベースが居るからと、紹介されたのが、藤岡伸行クン。通称フジボン。(=^x^=)

スラッと長身で、人懐こい笑顔満載の、メガネをかけた彼と初めて会ったのは、新宿の飲み屋だったのか渋谷だったのか、もう場所も忘れてしまった.....。

その時に国蔵クンも一緒に居たのかさえ、記憶の彼方へ.....。

まあ、楽しい飲み会だったのは覚えていて、ホロ酔いで夜遅くに帰宅。

何の気なしにテレビをつけたら、映画をやっていた。

場面は日清パワーステーションで、ライブのシーン。

見た事が、聴いた事がある声の、男性シンガーが唄っている。

.......あ、パンタだ。

元頭脳警察の....、私はソロ・アルバムの、『パンタックス・ワールド』が大好きで何度も聴いた、パンタさんだ。

へえ、映画に出てるんだ、と、画面を眺めていたら、パンタさんの後ろにベーシストが映った。

あれ?見た事があるな?

長身で、メガネをかけて....。

あれ?
さっき、今さっき、会ったヤツじゃないの?

その場面は短くて、すぐに終わっちゃいましたが、確かに、私の目には、さっき一緒に飲んでたフジボンが映っていたのです。

後日、本人に確認したら、やっぱり、そう。

当時、パンタさんのバンドに入ってライブ活動をしていて、映画の撮影があったんだって。

演奏シーンは、やっぱり当てぶりだったんだって。

そんな事を、朝っぱらから思い出しちゃったのですの事よなあ。