2016年

3月

17日

モナドの領域.....。

購入してから数日で読み終えた
『モナドの領域』

最後の長編、とか、我が最後傑作、とか宣伝されてましたので、数年振りに筒井康隆作品を読みました。

導入部は大変に面白く、引き込まれ、グイグイ進みます。

神学、哲学を題材に、筒井康隆特有の対話のリズムがはずみ、だんだんとしっかり読まないとよく分からなくなってきますが、かと言って、読み疲れるとか、飽きる、という事はない。

途中、いよいよドタバタの突入か、と思われる場面がありますが、抑制され、思ってたよりも淡々と進みます。

予想してたより静かな物語でしたが、面白かった。

まあ、最高傑作か、といいますと、さて、ど〜でしょ〜か?
と、なりますが、久しぶりに読んだ筒井康隆でした。(=^x^=)